PDFファイルをダウンロード

エクセルファイルをダウンロード

SONY

PDW-HD1500

XDCAM HD422レコーダ

お気に入りに追加する

レンタル価格 30,000円 / 1日(税別)(税込33,000円)

デュアル光学ピックアップ搭載、ハーフラックサイズのXDCAM HD422レコーダ。

圧縮方式に "MPEG HD422"(MPEG-2 422P@HL準拠)を採用。4:2:2サンプリング、記録ビットレート50Mbpsによる高精細・高解像度のHD制作を幅広いシーンで行えます。また、音声フォーマットはリニアPCM方式を採用。8chのオーディオ記録、HD 5.1chコンテンツ制作にも対応します。
1080/59.94i記録に加え、1080/29.97p、1080/50i、1080/25pに対応し、720p(1280×720)の記録も可能です。海外取材などを含め、幅広いHD制作に柔軟に対応します。
2層ディスク(50G)/1層ディスク(23.3G)の記録・再生に対応します。"MPEG HD422" で2層ディスクに約95分の記録が、1層ディスクには約43分の記録が可能です。
デュアル光学ピックアップ採用により、FTP転送でこれまで以上に高速なファイル転送が可能です。作業時間を大幅に削減し、効率的なワークフローに貢献します。
電源はAC/DCに対応。ボディもHDCAMレコーダ HDW-S280とほぼ同型のハーフラックサイズ。質量も約6.5kgと軽量なため、屋外での運用も可能です。
前面のフロントパネルは操作性の高いチルトアップ方式を採用。大型4.3"16:9カラーLCDモニタと内蔵スピーカにより映像や音声をその場で確認することが可能です。その他、メニュー表示や各種サムネイル表示、オーディオレベルメータにも対応しています。また、TBCコントロールを搭載しているため映像信号の細やかな調整が行えます。
カムコーダのREC Start/Stopに連動して記録ができるHD-SDIリモート機能を搭載しています。XDCAMシリーズ、HDCAMシリーズとの同期記録が可能なため、報道現場でも柔軟に対応することができます。
HD/SD-SDI入力を1系統(切り換え方式)装備、出力はHD-SDI、SD-SDI、コンポジット出力をそれぞれ2系統ずつ装備しています。また、RS-422端子(9ピンリモート)に対応しているので、リニア編集のプレーヤとしての利用も可能です。その他ギガビットイーサネット(1000BASE-T)を装備しており、高速ファイル転送が可能です。
■ ダイレクトFTP機能
パソコンを使わずに、XDCAM同士やXDCAMとFTPサーバでのファイル転送が可能になります。転送先のIPアドレスを本体に3つ登録する方法のほか、DHCP、AutoIPやUPnPにも対応しているので、IPアドレスを登録せずに接続先へファイル転送することができます。
■ フォーマット混在記録
同じシステム周波数において同一ディスクにフォーマットを混在して記録することができます。例えば、MPEG HD422コーデック(50Mbps/59.94i)とMPEG HDコーデック(35Mbps/59.94i)の混在記録が可能です。
* 異なるフレーム周波数の混在記録はできません。
* コーデックをまたいだ連続再生はできません。
* コーデックが混在したクリップリストの作成はできません。
* フォーマットが混在したディスクは、XDCAM HD422シリーズVer, 1.5以上でのみ再生可能です。それ以外のXDCAMでは再生することはできません。
■ シングルクリップ再生機能
複数のクリップが記録されているディスクを再生した場合、1クリップごとに停止するモードに対応しました。これにより、ファイル単位での送出が可能になります。

記録フォーマットが異なるクリップは連続再生できないことがあります。
8chのオーディオ記録はレコーダで記録した場合に限ります。カムコーダでは4ch記録のみに対応しています。

Ver, 3.41
[ 変更点 ]
< 機能追加 >
メタデータタイプの確認機能の追加
・メタデータタイプをThumbnail Menu : Clip Information → rtMetaKindTypeで確認する機能を追加しました。
< 機能改善 >
メンテナンスメニューの追加、動作変更
・メンテナンスメニュー M5A(PROTOCOL)を追加し、FTP/FTPS機能、HTTP機能をそれぞれ有効にするかどうか、設定可能にしました。
・メンテナンスメニュー M5E(SECURITY LEVEL)をLEVEL2に設定した場合に、UPnP機能を無効にしました。
opensslライブラリ変更
・opensslライブラリを0.9.8zeから1.0.2oに変更しました。
< 不具合修正 >
・FTP/FAMにて取り出したMXFファイルをフォーマットチェックツール(PWA-MC1)チェックすると、詳細レポートにError(Timestamp値が不整合)が出力される不具合を修正しました。
・OUT REF設定が [ INPUT ] の場合、編集時の同期信号がREF INPUTに切り替わる不具合を修正しました。
・特定のクリップ*の先頭と末尾の1秒程度の編集出来ない区間に、誤ってVideoを含まないインサート編集を実行した場合、編集動作に入る不具合を修正しました。
・特定のクリップ*がプログレッシブの場合、編集に失敗する不具合を修正しました。
* インターバルレック、ピクチャーキャッシュ、ディスクエクスチェンジキャッシュによって記録されたHD422クリップ、FTP/FAM接続などによって部分転送されたHD422クリップ。

Ver, 3.50
<機能追加>
1. パスワード設定作業の追加
2. メンテナンスメニューM34(ESSENCE MARK)の追加
3. メンテナンスメニューM39D(CUEUP OVER)の追加
4. メンテナンスメニューM49D(RESET ALL SETUP)の動作変更
5. メンテナンスメニューM5F(RESET NET CONFIG)の動作変更
6. 再生コンディションマークの追加
7. DF(ドロップフレーム)のクリップの転送仕様変更
《不具合修正》
1. AUTO BANK RECALL設定時のアラーム表示の不具合修正
2. 字幕データが正しく記録できない不具合修正
3. サムネイル表示から抜ける際の不具合修正
4. リニア編集が失敗した際のアラーム表示の不具合修正
5. Punch-In編集時にUMIDが書き換わらない不具合修正

Ver, 3.51
セットの起動時に稀にE95-111のエラー表示が出てしまう場合があり、これを修正しました。