PDFファイルをダウンロード

エクセルファイルをダウンロード

ARRI

AMIRA Premium

デジタルシネマカメラ

お気に入りに追加する

レンタル価格 70,000円 / 1日(税別)

AMIRAはALEXAから継承した美しい映像をより手軽に得られる、ワンマンオペレートに特化して設計された新型デジタルカメラです。

ALEXAと同じSuper 35mmセンサーを搭載。14ストップ以上の広いダイナミックレンジ, 低ノイズ, 優秀なハイライト処理, 自然な色再現性, 調和の取れた美しいスキントーンののスローモーション映像をLogCガンマ(Rec709も選択可)でCFast 2.0メモリーカードにProResコーデックで収録。HD/2K/4K-UHDで、ProRes収録とHD-SDI出力に対応し、HD時は最大200コマ/秒のHS撮影が可能となりました。

(注)ARRI RAW 非対応

センサータイプ 35mmフォーマット ARRI ALEV III CMOS (28.17×18.13)
センサーピクセル数 3,414×2,198: 2,880×1,620 (HD 16:9) / 2,868×1,612 (2K 16×9)
モニタリングサウンドトラックエリア: 3,168×1,772 (HD) / 3,154×1,764 (2K)
収録画素数 1,920×1,080 ProRes HD and HD ouputs / 2,048×1,152 ProRes 2K
レンズマウント PL/PL-LDSマウント(ヒロセ12Pコネクター付) / B4マウント(ヒロセ12Pコネクター付) / EFマウント
シャッター 電子シャッター式 5.0° ~ 356.0°
ベース感度 EI 800
感度範囲 EI 160 ~ EI 3200 (全ての感度において14ストップ以上のラチチュード)※ARRI DRTC-1で計測
電動内蔵ND フルスペクトルND 0.6 / 1.2 / 2.1
サウンドレベル 20dB(A)以下
重量 約4.1 kg (カメラボディーとPLレンズマウント時)
サイズ (W)139×(H)149×(D)309mm(カメラボディーとPLレンズマウント時)
動作環境温度 20° C ~ +50° C
ビューファインダー
アミーラ マルチビューファインダー MVF-1 (OLED and LCD)
ビデオ出力 2x HD-SDI out 1.5G and 3G: 非圧縮HD映像、オーディオとメタデータエンベデッド
音声出力 3,5mmヘッドフォンジャック、Bluetoothオーディオ*1
外部電源ー出力
ヒロセ12P(ENGタイプのズームレンズ用) / 12V(Dタップ、ヒロセ4P、レモ2P) / 24V(RS 3P)
入力 Genlock / HD-SDI*1 / タイムコード(入出力)※全てBNCコネクター
インターフェース USB 2.0(ユーザー設定とルック他) / Ethernet *1

*1 SUP 1.1以降で対応予定
収録メディア CFast 2.0 メモリーカード

SUP 5.4.13
■ OLEDビューファインダーパネル MVF-1のサポート
OLEDビューファインダーパネル MVF-1はSUP 5.4以降にのみ対応しており、それ以前のバージョンでは映像を表示できません。
■ Master Gripのステータス表示
ステータスインフォに表示されているレンズ軸 (アイリス/フォーカス/焦点距離) のうち、いずれがMaster Gripに操作されているかが明示されるようになりました。Master Gripに操作権が移ると、そのレンズ軸は白く表示されます。
■ AMIRA Web Remote経由でのオーディオチャンネル1/2の操作
AMIRA Web Remote (およびメインUI) にオーディオのメニューが追加され、オーディオチャンネル1/2のゲインを操作できるようになりました。
■ REGENモードにおけるタイムコード機能の変更
REGENモードにおいて、SMPTE準拠のジェネレータとの互換性により断続的に警告が発生する問題に対応しました。SUP 5.0以降のカメラでは、タイムコードソースがJAM Syncモードやチューニングにおいて正常に動作するよう、タイムコード信号を厳密に管理していました。今回、カメラのチューニングには合わないSMPTE準拠のジェネレータをサポートするために、REGENモードからこの管理機能が一部削除されています。その結果、一部のタイムコードに関連する警告が表示されなくなるため、カメラに適用されているタイムコード信号がプロジェクト設定に一致しているか、カメラオペレータ自身がより注意する必要があります。REGENモードで表示されなくなる警告は以下のものです。
・"LTC In frame rate is incompatible with project frame rate" (整数と非整数のフレームレートが混合している)
・"LTC In drop frame configuration mismatch" (カメラとソースのドロップフレーム/ノンドロップフレームが一致していない)
※いずれの場合においても、"Timecode synchronization is required" という警告が表示されます。
・"LTC In frame rate differs from project rate" (整数または非整数のフレームレートが混合している)
■ センターマークオプション "Small Cross"
EVFおよびSDIに表示できるセンターマークに、Small Crossが追加されました。
MENU > Monitoring > EVF/Monitor > EVF Overlays > Center mark
MENU > Monitoring > SDI > SDI processing > Overlays > Center mark