PDFファイルをダウンロード

エクセルファイルをダウンロード

SONY

PXW-FX9

XDCAMメモリーカムコーダ

お気に入りに追加する

レンタル価格 25,000円 / 1日(税別)

新開発6Kフルサイズ Exmor R CMOSイメージセンサーと革新のファストハイブリッドAFを搭載し、圧倒的な表現力と機動力を実現

Ver, 2.00
< 更新された主な機能 >
■ 記録フォーマットの選択肢を追加
・ProjectメニューのRec FormatのImager Scan ModeにFFcrop 5Kを追加しました。
・Imager Scan ModeでFF 6K、FFcrop 5KまたはS35 4Kが選択されているときに、Video Formatを4096×2160に設定できるようになりました。
・ProjectメニューのRec FormatのFrequencyに24を追加しました。
[ ご注意 ] 選択できるImager Scan ModeはFF 6K, FFcrop 5KまたはS35 4Kで、Video Formatは4096×2160のみ対応しています。
■ User 3D LUTに対応
RAW ViewerやBlackmagic Design Pty. Ltd. 製DaVinci Resolveで生成される17格子または33格子のCUBEファイル(*.cube)をインポートできるようになりました。
■ RAW出力に対応
本機に取り付けたXDCA-FX9(オプション)のRAW OUT端子からRAW動画信号を出力できるようになりました。
■ ハイダイナミックレンジ(HDR)に対応
Hybrid Log Gamma (HLG) に対応し、ダイナミックレンジを拡大した撮影が可能になりました。
HLGは次の2種類から選択できます。
- Natural: ITU-R BT.2100 (HLG) に準拠した特性があります。
- Live: ITU-R BT.2100 (HLG) に準拠し、よりHDRの効果を引き出す特性があります。
HDR設定時、色域はITU-R BT.2020相当に拡張されます。
■ スロー&クイックモーションのフレームレート追加
ProjectメニューのRec FormatのImager Scan ModeがFF 2Kのときの対応フレームレートとして、150fpsと180fpsを追加しました。
■ ISO/Gain設定可能範囲を拡大
ProjectメニューのBase SettingのShooting ModeがSDRまたはHDRのときのISOおよびGainの設定可能範囲を拡大しました。
- ゲイン設定モードがISOの場合は、最大ISO 102400まで設定可能になりました。
- ゲイン設定モードがdBの場合は、27dBまで設定可能になりました。
■ AF機能の改善
・人の顔だけでなく瞳も検出してフォーカスを合わせることができるようになりました。
・フォーカスエリアがFlexible SpotもしくはZoneのとき、タッチ操作でフォーカスエリア枠を移動させることができるようになりました。
・AFトランジション速度とAF乗り移り感度設定をアサイナブルボタンに割り当てられるようになりました。
・Cine EIモード時やGammaをS-Log3に設定したときの顔/瞳検出AFの性能を向上させました。
■ ステータス画面での設定変更に対応
ステータス画面にて一部設定値の変更を可能にしました。
マルチファンクションダイヤルやマルチセレクタで項目を選択したり、タッチ操作での選択も可能です。
■ 6G-SDI出力に対応
システム周波数が29.97、25、24、23.98のときに、SDI OUT端子から4K/QFHDの解像度の信号が出力できるようになりました。
■ Audio機能の改善
・本機に取り付けたXDCA-FX9(オプション)のワイヤレスレシーバ挿入部にポータブルワイヤレスチューナを装着してワイヤレスマイクを使用できるようになりました。対応するポータブルワイヤレスチューナは次の2種類です。
- UHFシンセサイザーダイバーシティチューナ URX-S03D
- デジタルワイヤレスレシーバ DWR-S02DN
・本機のマルチインターフェースシューに装着するXLRアダプターキットXLR-K3Mのデジタルオーディオインターフェースに対応しました。
■ USBテザリングに対応
本機に取り付けたXDCA-FX9(オプション)とスマートフォンをUSBケーブルで接続し、スマートフォンの回線を使用してインターネットに接続できるようになりました。
■ アイリスのT値表示に対応
T値表示に対応しているレンズを装着したときにアイリス表示をT値で表示可能になりました。
■ パスワードセキュリティの強化
セキュリティ強化のため、Basic認証に使用するパスワードに8文字以上の英数字をそれぞれ1文字以上使用することを必須としました。
■ イメージャースキャンモードS35 2K時の画質改善
ProjectメニューのRec FormatのImager Scan ModeでS35 2Kを選択しているときの画質を改善しました。

Hi Base ISOへのチェンジオーバーは?

Low Base ISOでGain +8dBを超過する場合は、High Base ISOに切り替えることを推奨します。
またLow Base ISOでGain +14dBを超過する場合は、必ずHigh Base ISOに切り替えてご使用ください。
Low Base ISO, High Base ISOへのチェンジオーバーは以下をご参照ください。
■ Low Base ISO 最低値
・320 ISO (±0dB) @S-Cinetone, STD Gamma, HG1~HG4
・500 ISO (±0dB) @HG7, HG8
・800 ISO (±0dB) @S-Log3
■ High Base ISOへのチェンジオーバーを推奨
・800 ISO (+8dB) @S-Cinetone, STD Gamma, HG1~HG4
・1250 ISO (+8dB) @HG7, HG8
・2000 ISO (+8dB) @S-Log3
■ High Base ISOへのチェンジオーバーを強く推奨
・1600 ISO (+14dB) @S-Cinetone, STD Gamma, HG1~HG4
・2500 ISO (+14dB) @HG7, HG8
・4000 ISO (+14dB) @S-Log3
■ 必ずHigh Base ISOでご使用ください
・2500 ISO (+18dB) @S-Cinetone, STD Gamma, HG1~HG4
・4000 ISO (+18dB) @HG7, HG8
・6400 ISO (+18dB) @S-Log3
■ High Base ISO 最低値
・1600 ISO (±0dB) @S-Cinetone, STD Gamma, HG1~HG4
・2500 ISO (±0dB) @HG7, HG8
・4000 ISO (±0dB) @S-Log3
■ High Base ISO 最高値
・12800 ISO (+18dB) @S-Cinetone, STD Gamma, HG1~HG4
・20000 ISO (+18dB) @HG7, HG8
・32000 ISO (+18dB) @S-Log3