PDFファイルをダウンロード

エクセルファイルをダウンロード

SONY

PXW-FX9

XDCAMメモリーカムコーダ

お気に入りに追加する

レンタル価格 25,000円 / 1日(税別)(税込27,500円)

新開発6Kフルサイズ Exmor R CMOSイメージセンサーと革新のファストハイブリッドAFを搭載し、圧倒的な表現力と機動力を実現

■新たに開発した6Kフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーを搭載。Super 35mmサイズでの撮影も可能。
* 収録は4K。
* 6Kフルサイズ撮像での4K収録は29.97pまで、5K撮像および4K Super35mm撮像での4K収録は59.94pに対応。
■15stop+のワイドラチチュードと低ノイズを実現
■Dual Base ISO(ISO800/4000)
ISO800とISO4000の2つの基準ISO感度を持つデュアル・ベースISOを搭載。
デュアル・ベースISOによりISO800とISO4000のノイズレベルはほぼ同じ。ノイズの気になるナイトシーンもデュアル・ベースISOのISO4000を使用することによりノイズを抑えたクリアな映像表現が可能。
■S-Gamut3/S-Gamut3.cine/BT.2020
ソニーが定義するワイドカラースペースS-Gamut3/S-Gamut3.cineおよびBT.2020を搭載。
■ファストハイブリッドAF
高速性と追従性に優れた位相差検出方式とフォーカス精度の高いコントラスト検出方式のメリットを兼ね備えたファストハイブリッドAFを採用しています。
■電子式可変NDフィルター
1/4から1/128NDまで対応。
■HFR(ハイフレームレート)
フルサイズ撮像でフルHD180fpsのハイフレームレート撮影に対応。
オプションの拡張ユニットXDCA-FX9からのRAW出力をレコーダーで収録することによりSuper35mm撮像で4K(3840×2160)120fps収録にも対応。

Ver, 2.10
■ 3840×2160のRAW出力に対応
XDCA-FX9を本機に装着して可能になるRAW出力で、RAW Output Formatに3840×2160が追加されました。
Imager Scan ModeがS35 4KでCodecがRAWのときに選択可能です。
また、RAW Output Formatが3840×2160の場合、スロー&クイックモーションを有効にしてフレームレートを100Pおよび120Pに選択することができるようになりました。
■ White Balance調整の改善
太陽光下でのWhite Balance調整がやりやすく、より自然な色に調整できるように改善しました。

リリースノート

Ver, 2.11
1. 稀にRAW出力画の一部が縦方向に4pixelずれてしまうことがある問題を修正しました。
2. グリップリモコンのアサイナブルダイヤルの操作時に、1ステップ動かしても値が飛ぶことがある問題を修正しました。

FX9用機器アップデートファームウェア

Ver, 3.00で更新された主な機能
■ イメージャースキャンモードの選択肢を追加
・ ProjectメニューのRec FormatのImager Scan ModeにS16を追加しました。S16 2Kでは、ビデオフォーマットの1920×1080Pと1920×1080iが選択できます。また、スロー&クイックモーション撮影時のフレームレートを1~60, 100, 120, 150, 180fpsから選択できます。
[ ご注意 ] S16 2Kにて150fps以上のフレームレートで初めて撮影する際には、ShootingメニューのAuto Black Balanceを実施してください。
・ LA-EB1に対応しました。LA-EB1を装着してImager Scan ModeをS16 2Kに設定することで、B4レンズを使用することが可能になります。
[ ご注意 ] LA-EB1を使用する場合は、XDCA-FX9を本機に装着してDC Out端子(Hirose 4Pin)とDC In端子を付属のDCケーブルで接続してください。
・ アサイナブルボタンにCrop Selectを割り当てることで撮影画角の変更が容易に行えるようになります。
■ Ethernet経由によるS700プロトコルに対応
本機にXDCA-FX9を装着し、有線LAN端子に接続したLANケーブルをリモートコントロールパネルから本機の撮影操作が可能になります。対応するリモートコントロールパネルは以下の通りです。
- RCP-1500/1501/1530
- RCP-3100
- RCP-3500/3501
■ オートフォーカス機能の改善
・ 特定の被写体を指定して追尾するリアルタイムトラッキングAFに対応しました。AF中だけでなくMF中でもリアルタイムトラッキングAFを使用することができます。
・マニュアルフォーカス時にタッチ操作で指定した位置の被写体にフォーカスを合わせるスポットフォーカスに対応しました。ShootingメニューのFocusのTouch Function in MFをSpot Focusに設定すると使用できます。
・ マニュアルフォーカス中に基準となるフォーカスポジションからの移動量を示すフォーカスマーカーに対応しました。
■ ステータス画面の機能改善
・ 表示するステータス画面を選択できるようになりました。TechnicalメニューのStatus Page On/Offでステータス画面の表示/非表示を切り替えることができます。
・ ステータス画面上で設定変更できる項目を追加しました。追加した項目は以下の通りです。
- メインステータス画面 : S&Q Frame Rate
- カメラステータス画面 : Zebra1, Zebra2
- プロジェクトステータス画面 : Rec Function, Picture Cache RecのCache Rec Time, Proxy RecのProxy Format
・ メインステータス画面およびモニタリングステータス画面のMonitor LUTの選択肢に、プリセットLUTとユーザーLUTをまとめて表示するように改善しました。
■ Camera ID + Reel#形式のファイル名に対応
TC/MediaメニューのClip Name FormatのAuto NamingにCam ID + Reel#を追加しました。Camera ID, Reel Number, Camera Positionを設定することで管理しやすいユニークなファイル名を生成することができます。
■ ビューファインダでのDe-Squeeze表示に対応
MonitoringメニューのVF Settingで、De-Squeezeの設定ができるようになりました。2.0x または1.3x のアナモフィックレンズでの撮影時に、デスクイーズした映像をビューファインダで見ることができます。
■ HDR撮影時のビューファインダー簡易SDR表示に対応
簡易SDR表示により、SDR撮影と同様の露出調節の感覚でHDR撮影を行えます。
- ProjectメニューーのBase SettingのShooting ModeをHDRに設定し、HDR SettingのVF SDR PreviewをOnにすることでビューファインダー映像にSDR Gainが適用されます。
- HDR SettingのSDR Gainを変更することで、収録されるHDR映像の明るさをコントロールすることができます。
■ プロキシファイルのメタデータ情報を拡張
同時記録される本線映像のフォーカット情報をプロキシファイルのメタデータ情報として記録するようになりました。
■ プロキシファイルの分割記録・転送に対応
同時記録されるプロキシファイルを記録中から転送できるように一定の時間でファイルを分割して記録し、分割されたプロキシファイルを順次転送できるようになりました。
■ C3 Portal Appを用いたC3 Portalとの簡単接続に対応
スマートフォンアプリ「C3 Portal App」と連携して、クラウドサービス「C3 Portal」へのファイル転送を簡単に行えるようになりました。
■ ネットワーク機能のユーザ/パスワード管理を改善
NetworkメニューのAccess Authenticationに、自動生成(Generate Password)と設定表示(Show Settings)を追加しました。
[ ご注意 ] 本アップデートにより、設定済みのパスワードは消去されます。

リリースノート

Hi Base ISOへのチェンジオーバーは?

Low Base ISOでGain +8dBを超過する場合は、High Base ISOに切り替えることを推奨します。
またLow Base ISOでGain +14dBを超過する場合は、必ずHigh Base ISOに切り替えてご使用ください。
Low Base ISO, High Base ISOへのチェンジオーバーは以下をご参照ください。
■ Low Base ISO 最低値
・320 ISO (±0dB) @S-Cinetone, STD Gamma, HG1~HG4
・500 ISO (±0dB) @HG7, HG8
・800 ISO (±0dB) @S-Log3
■ High Base ISOへのチェンジオーバーを推奨
・800 ISO (+8dB) @S-Cinetone, STD Gamma, HG1~HG4
・1250 ISO (+8dB) @HG7, HG8
・2000 ISO (+8dB) @S-Log3
■ High Base ISOへのチェンジオーバーを強く推奨
・1600 ISO (+14dB) @S-Cinetone, STD Gamma, HG1~HG4
・2500 ISO (+14dB) @HG7, HG8
・4000 ISO (+14dB) @S-Log3
■ 必ずHigh Base ISOでご使用ください
・2500 ISO (+18dB) @S-Cinetone, STD Gamma, HG1~HG4
・4000 ISO (+18dB) @HG7, HG8
・6400 ISO (+18dB) @S-Log3
■ High Base ISO 最低値
・1600 ISO (±0dB) @S-Cinetone, STD Gamma, HG1~HG4
・2500 ISO (±0dB) @HG7, HG8
・4000 ISO (±0dB) @S-Log3
■ High Base ISO 最高値
・12800 ISO (+18dB) @S-Cinetone, STD Gamma, HG1~HG4
・20000 ISO (+18dB) @HG7, HG8
・32000 ISO (+18dB) @S-Log3